岡山の美容外科で二重まぶたを作るプチ整形に挑戦してみましょう

岡山の美容外科 コンプレックスをチャームポイントへ

脱毛の施術を受ける

看護師

岡山で展開されている美容外科では、脱毛の施術をしてくれるところもあります。ムダ毛のない綺麗な肌になるようにケアを進めてくれるので、多くの人が利用をしている施術プランです。

詳細

豊胸で女性らしくなる

ドクター

岡山で展開されている美容外科を利用することで、胸のサイズを大きくすることができます。脂肪注入法やヒアルロン酸注入法など様々な方法があるので、特徴を踏まえ選んでおくことが重要です。

詳細

脇の臭いを改善

レディー

岡山で展開されている美容外科では、わきがの原因をなくすために汗腺を除去するための整形プランを提供しています。わきがは臭いが強いという特徴があるため、コンプレックスを解消するためにも比較することが大切です。

詳細

二重まぶたを作る

カウンセリング

女性の誰しもが美しくなりたいと思っていますが実際に、どんな風に美しくなりたいのかという部分によって岡山の美容外科で受けるべき施術方法が異なってきます。そのため、自分のコンプレックスは何なのか真剣に考えることが大切です。例えば、奥二重や一重をコンプレックスに抱えている人はプチ整形の中でも人気を集めている二重まぶたの施術を受けてみて下さい。プチ整形ならメスを使わずに施術を行なうことができるためメスを使った施術に抵抗を感じる人でも気軽に挑戦することができます。二重まぶたの施術方法にも幾つか種類はありますが、その中でも人気なのが埋没法という施術方法です。岡山の美容外科でも行なっている施術方法法で、専用の糸を使って二重幅を作っていきます。施術中に角膜を傷つけてしまうといった可能性も低いうえに、自然な二重まぶたを作ることができるのです。施術の流れは、岡山にある美容外科で事前にカウンセリングを受けます。そこで、二重幅の大きさを医師と一緒に相談しながら決めていくのです。あまり二重幅を大きくしてしまうと自然な印象を与えることができなくなってしまうため、医師からのアドバイスなども参考にしながら決めると良いでしょう。また、施術をする前に専用のシミュレーション機械を使って実際にどんな感じになるのか確認することができる美容外科が岡山にはあるため、慎重に進めていきたい人は、そういった機械を揃えている場所を探してみると良いでしょう。シミュレーションで二重幅の大きさが決まったら、次は施術を行なう日程を決めていきます。プチ整形はメスを使わない施術方法ですが、人によっては術後安静にしなければならない可能性があるため、その日はあまりハードなスケジュールにしないようにしておきましょう。もし、仕事や学校を休むことができない場合は医師に相談して、どういった行動なら術後でも大丈夫なのか確認しておくと安心です。岡山の美容外科では、施術の際に局部麻酔といわれる部分的な麻酔を使って施術を行なう為痛みを感じることがあまりありません。施術事態も大体15分程度で終わらせることができます。その他にも、ダウンタイムも短いということもあり、その日で帰宅することも可能です。しかし、人によっては術後の腫れがひかなかったり、痛みがとれない場合はダウンタイムに時間がかかる可能性もあります。基本的には、術後痛みや腫れが無ければ、当日からメイクをすることも可能です。しかし、プチ整形には幾つかデメリットもあるという事を忘れてはいけません。岡山の美容外科で行なっている二重整形の施術方法には、医療用の糸を使用していますが、年数が経てば糸が切れてしまい元の瞼に戻ってしまうこともあります。そのため、定期的に施術を受けなければならなくなってしまう可能性もあるのです。定期的に施術を受ければ、一回の費用が高い場合出費が増えてしまうこともあります。そういった事も踏まえたうえで、岡山の美容外科で施術を受けてみましょう。プチ整形のメリットとデメリット両方の可能性を知ったうえで施術をうければ、仕上がりに後悔することも少なくなります。